こちらのページでは、ひとり佐世保グルメが、
なぜ情報発信をしようと思ったのか、そして、叶えたい夢は何なのか」
お伝えします。

かなり長文になりますので、ひとり佐世保グルメマニアの方は必見です(笑)

きっかけは、圧倒的に「希望が」ない未来しか見えないこと

未来って、明るいと思いますか?

少子高齢化、巨大企業の倒産、リストラ、新型ウイルスによる感染症など、
どう考えても希望が持てない状況だと思います。

このような世の中なので、「私たちの代弁者が世の中を、何とか良くしてくれるんじゃないか??」
と思ってテレビを見ても、お偉い方々は、お互いの足を引っ張り合うだけで、

「世の中全然良くなる気がしない…」

という閉塞感が日々、押し寄せてくるような気がしていました。

「このまま歳をとり続けることが怖い」と漠然に思っていて、
「自分が何かできることがあれば、何か協力したいなぁ」と思っても、

どこで何をすればいいのかわからない・・・

今できることはつながること

「なぜ、未来に希望が

  持てないのか?」

その理由を考えた時に、たどり着いたのは

少子超高齢社会だからじゃないのかな?
という考えに行き着きました。

そこで、「何で今の世の中って子供を安心して産めないんだろう?」

という勉強をしたら、その理由が少しずつ分かってきました。

戦後、日本は子供がお母さんから4人以上生まれていた時代があって、
その時は子供が増えすぎて国が潰れてしまうという問題
があったとのことでした。

その時に、色々と少子化を進めるための政策を行われたのだが
一番効果があったのが、

「親と子供が4人以上住むことが難しく、
祖父母の協力を得られない核家族化を進める為に
団地を作って、団地に住むことを、文化的な暮らしとして推奨」
していったらしいことがわかってきました。

そして、地域のつながりから、家族が離れることで、
多くの子供を育てることが現実的に難しくなることが少子化を実現
させたということでした。

ポイント

元々、国が進めていた、繋がりを断ち切る少子化政策が、未だになぜか続いているところが問題

そうか、昔は子どもをはじめとして、誰かの支えが必要な
人達を家族だけでなく、

地域みんなで繋がって支えていたからこそ、安心して子育てができていたんだ!

そう考えれば、すぐに昔のような生活に戻るということは難しいので、

今できることは・・・

「リアルでもインターネットでも人と繋がるきっかけを作ることが
現実的に希望が持てる未来づくりができるんじゃないか」
と思いました。

今すぐは困っていないが、いつかは絶望的に困る時が来る

 「とりあえず、今の生活のまま

続けていけば、

何とかなるんじゃない?」

と思う人も多いと思いますが、日本の将来はかなり絶望的だと思っています。

これからはより、働き世代や子供の割合が減り続けるので、
社会保障のために税金を多く取られるようになるし、
介護や医療を行う人材が今ですら足りないのにこれからより不足
していくと思います。

だけど、今すぐはみんな困っていないから、
問題を見ないようにして先延ばしにしている。

重要

だから、本当に困った時には一緒に立ち上がってくれる、繋がりを持つ仲間作りがとても重要だと思いました。

とはいえ、自分に何ができるのか?

何かに秀でた技術もなく、人見知りでシャイな性格だから、
人脈もない自分ができることってなんだろう??

「リアルの何かのサークルに入るというのも緊張するし・・・」
「変なサークルだったらめっちゃ嫌だなぁ」

そう考えた時に、自分と同じようにリアルが苦手な人も結構いるんじゃないか
と思った時、ひらめいたのが、

「自分と同じようにリアルで繋がるのが苦手な人は
インターネットでゆるく繋がればいいんじゃない?」
という答えでした。

とりあえずインターネットでゆるく活動してみよう!

ということで、これまでのインターネットでの
情報を発信歴を紹介します!

2019年8月に、ブログを開設!
同時に、はじめてのSNS活動としてツイッターも開始(∩´ω`∩)

どういう情報発信もしていくか迷ったのですが、
人が誰でも興味があることといえば、人間の三大欲求である

「食欲・性欲・睡眠欲」の中から、

情報発信を大っぴらにできて、やりやすいと思った

「食欲」を選び、グルメ情報を選びました。

最初は全然アクセスもフォロワーさんも増えずに

「何やってんだろうなぁ」

と思うことも多かったので、更新をサボる時もあったのですが、
元々がゆるく活動をするということだったので、
サボっても継続ができればオッケーというスタンスで
活動を行っていました。

1年ぐらい続けて、ツイッターのフォロワーさんが
500人ぐらいになってとても嬉しく思っていましたw(゚o゚)w

2020年4月
緊急事態宣言の発令から佐世保の様子が大きく変わり、
ひしひしと閉塞感が日々強まることを感じ、

何かできることはないか( ̄▽ ̄;)

そう思った時に、活動を始めたのが、YouTube!

飲食店さんの経営危機の一つのお手伝いになればと思い、
テイクアウト支援の食レポ動画を配信開始しました。

飲食店さんから
「動画で取り上げていただき、
動画を見た人の来店もあって助かりました!」
という声をいただいて、

初めてインターネットでの情報発信による
つながりが誰かの役に立てたということを実感
しました。

その後、もっと繋がりを広げることができないかなぁと
思ってYouTubeを検索していたら、

ここどこ?長崎!さんに出会いました!

早速、Twitterで連絡させていただいて、
「同じように、佐世保のクイズをアレンジを
加えて情報発信していいですか?」

と確認をとると

なんと!!快くオッケーをいただきました(っ>ω<c)☆.°

その後、「どこでしょう?佐世保」の動画を配信し、
今ではYouTubeの中の再生動画の人気コンテンツとなり、
多くの方々に情報を届けることができて、
チャンネル登録を通じて繋がることができました。

行きづまり

運営をしていくうえで、悩みが生まれてきました。それは・・・
食レポやクイズだけでは、
自分の考えを相手に伝えることは難しい
と思いました。

どうすれば興味を持ってもらえて伝えることができるのか?

と考えた時、皆さんが気になるニュースをまとめてお伝えすることで、
見ていただいた方も参考になり、その情報を伝える時に、

自分の意見も話をすることで自分の声も届けられるんじゃないか!!
と思い、「佐世保ニュースまとめ」の情報発信を始めましたヽ(*’▽’*)ノ

2021年3月
Twitterフォロワーさん900名、YouTubeチャンネル登録者270名となり、
ゆるーくつながる仲間が増えてきたので、

皆さんにも何か恩返しが出来ることがないか
と考え始めました。

私に恩返しが出来ることは何か考えた時に
真っ先に思いついたのが佐世保市在住の
イラストレーターの、さきほさんに作っていただいた、

可愛いアイコンをシールで
プレゼントしたら喜ばれるんじゃない!?

しかもそれを取材させていただいて、
本当に私が協力したいと思っているお店で
配っていただけたら、
お客さんも集まっていいんじゃない!

さらにそのシールを持っている人同士が、
ひとり佐世保グルメをきっかけにして、
共通の話題で盛り上がって、
つながることができればめちゃくちゃ夢に近づく
よね!!

だけど、TwitterやYouTubeは、
情報を見逃す方もいるのでどうしたらいいのか??

と考えた時に、
LINE公式アカウントを使えば解決するんじゃない!
ということでLINE公式アカウントを開設(o^^o)

2021年3月からプレゼント企画など、
面白いことを行うことに心からウキウキしています(^o^)/

1人佐世保グルメの新たな夢

私の夢は「ゆるいつながりを持つ仲間が多い町、佐世保を実現して、何か困った時に、解決できる方法を情報を共有して、いつでも立ち上がることができる準備」ができればと思っています。

その中で今はインターネットでしか繋がれる
方法がないのですが、

インターネットを通じなくても繋がれる方法がないか
と考えました。

それは今回話したような、
「ゆるいつながりの大切さを伝えることができる、絵本を作りたい」
ということです。

ポイント

絵本なら子供も理解できなるし、親も一緒に見て頂けると思います。

また、ご高齢の方も手に取って話を楽しみながら、ゆるく繋がることの大切さや、若い世代の取り組みも知っていただけるかと思っていますo(^_^)o

この、めちゃくちゃ長い文章を最後まで見ていただいた方は、
私の夢を理解いただくことができたと思います^^

今は具体的な実現の為の計画はありませんが、
計画が立ちましたら、情報をお伝えしたいと思います!

最後に

最近、小学校の卒業式に参加した時に

6年生の旅立ちの言葉を聞いて胸が震えました。

子供達が1人1人立ち上がり、大きな声で、大人に伝えてくれたメッセージは

「僕たち、私たちは希望に向かって旅立ちます!」

という事でした。

普通ならばその言葉を聞いた時に
「こんなに大きくなって本当に良かった!」
「中学生になっても頑張っていこう!」
という感動と、応援の気持ちしか、湧き上がらないと思っていました。

ですが、私の胸に沸き上がった思いは…

「子供たちが旅立つ先に、本当に希望を持てる未来があるのか?」
「今より状況がひどいところに、子供たちを将来送り出すことになるのではないか??」

という事でした。

 

心臓を強く、
握られたかのように、
苦しくなりました。

「こりゃ、本気でなんとか、
大人が頑張らないといけばい!!」

その様な決意を持って、今、情報発信を行ってます。

是非、皆さん、私とゆるーく繋がって希望のある未来を作ってみませんか!

最後まで、私の夢の話にお付き合い頂き、本当にありがとうございました!